「小学校の先生へ」(C-1グランプリ応募作品)
2007-02-22 Thu 19:29
雑誌「ブレイン」で、毎月行われているキャッチコピーの公募、
「C-1グランプリ」に応募しました。

一流のクリエイターが出題する1つの課題に対して、上限3本のキャッチコピーで競うの。

最近、コピー学校の課題に終われてて出せてなかったんだけど、
学校も3月で終わりだし、
公募に定期的に出していきたいな、と思い、ひさびさに応募してみました。

今回の課題は、こんな感じです。
出題者は、「恋は、遠い日の花火ではない。」で有名な小野田隆雄さんデス。


■課題

小学校の先生に注文したいことをフレイズにしてください。

■オリエン 
「教育問題がいろいろと騒がしくなっています。
先生たちも困っているようであり、また一方ではなってはいけない人が先生になっている気がします。
あなた自身が小学生で会った頃を思い出して、また、ご自信のお子さんが小学生であるとして、
小学校の先生にこうして欲しいことや、こうして欲しくないことを、注文してください。
あまりシビアになりすぎず、かといっておふざけにせず、
ほのぼのと、じんわりと、ドッキリと、先生の心に届くフレイズを探してください。

以下で応募してみました~。


①先生が笑うと、子どもはホッとする。

②「友達以上、親未満」の相談役

③怒るとき以外も、名前を呼んで。


■企画意図
①私自身、先生と話すとき緊張してしまう内気な子だったから書いたコピーです。
怒られた後とか、嫌われてないか不安になってたから、そんな時笑ってくれたら安心できたな、と思って。
②「こんな先生欲しいな」っていうのと、「言い回しが面白いかな」っていう表現的な部分で選びました。最初、「いいのが書けた!」って思ったんだけど、「具体的に、どうすればいいのか」が言えてない辺りは、弱いのかな。
③怒鳴ってる先生の顔と声が、パッと浮かんだので。
「子どもと日常的な他愛のない会話もしよう」みたいなことが言いたかったの。


以下、応募の上限が3案だったので、ボツにした案です。


④「参観日」以外も、はりきってください。

⑤先生にほめられた日は、ランドセルが軽い。

⑥笑ってくれると、うれしいヒト



■企画意図
④子どもの頃、参観日に、先生が視線を意識しているのに、
子どもながらに気づいて面白いな、と感じた気持ちをコピーにしてみた。
みんなが書かない視点で書こうと思って、書いたコピー。
⑤これも、自分の経験から書いたコピー。
褒められた日は、いい音たてるんだよね!
⑥①をもう少し子どもの視点で書いてみた。
「注文したいこと」っていう課題に対して、応えられてない?


どうかな?

実は、提出前に、教師をしてる知人に意見を聞いてみたの。
そしたら、
④「参観日・・・」は、先生としては言われたくないセリフ、だそう。

教育問題は山積みで、教師の責任が問われがちな社会だけど、
仕事にやりがいを感じて努力している先生はたくさんいるから、だって。

④の企画意図でも触れたんだけど、
よくコピーを書くときに、「みんなと違う視点で書け」って言われるの。
視点が違えばなんでもいい、っていうわけじゃないんだけど、

「みんなが薄々思っていて言葉にできていなかったことを、コトバにしてあげるがコピー」
なんだって。


知人の言葉で、
「『参観日・・・』に、共感してくれる人はいるのかもしれないけど、
それは先生ではないのかな」と思った。

先生の心に届けるコピーなんだから、
先生にいいな、って思わないと意味がないものね。


コピーライターって、思いやりが大切なんだな、
って、つくづく感じました。

まだまだ「いいコピー」を見分けられない、わたし。
人生、いろんな思いを経験することが、
いいコピーへのルートなのかな、なんて思ったり。


これがいい、
こっちの方がいい、
こうやって選べばいい、
などご意見、アドバイスあったらよろしくお願いします。
スポンサーサイト
別窓 | C-1グランプリ応募作品 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<書き足りないので、 | さんま丁目クリエイティブ研究所 | やりたい放題。(100万円大賞ラジオCMグランプリ応募作品)>>
この記事のコメント
ミントさん

こんばんは。

>ちゃーこさんのような方と知り合えて(?)、嬉しいです。

すっっごい嬉しいです。
きょうは、実は、コピーと正反対のカチカチな仕事で今も残業してて泣きそうだったんですが、ミントさんのメールで、一気にきょうという日が、嫌いじゃなくなりました。

ありがとう。

コピーと少し離れた今の自分に焦りを感じたり、悔しくて仕方なかったりする時があるけれど、
このブログを見て下さる色んな方に支えられながら、生きています!!生き生きできています。

2007-03-27 Tue 23:21 | URL | ちゃーこ #-[ 内容変更]
ちゃーこさん、こんばんは。
ご返信ありがとうございます。
ちゃーこさんのお気持ち、そしてコピーに対する心意気、
よく分かりました。
ちゃーこさんのような方と知り合えて(?)、嬉しいです。
2007-03-27 Tue 21:52 | URL | ミント #-[ 内容変更]
ミントさん


こんばんは。

お返事どうもです!
そして、親身なご忠告有難うございます。

自分の作品がパクられるなんて、
考えたこともなかったので、
率直なご意見いただけてうれしいです!

正直、もしパクられたら、悔しいですが、
今自分にとってここが唯一の作品公開の場なので、
私の作品がきっかけで何かを感じていただたら、まずはそのことを喜びたいかな、と思ってます。

書いたものを人に見てもらうということが、勉強中の自分にとって何にも変えがたい経験かな、と。
人の目を意識しながら書いてはじめて見えてくることや、
人に意見をもらって気づくこと、ってすごく貴重ですよね!

今は、ここでスキルアップして、プロになったときには、
自信をもって「極秘」にできちゃうような、
もっとすごいアイデアをバシバシ出していきたいな、と思ってまっす!!

なんて、無用心にでかいことでも言っておきます(笑)

2007-03-24 Sat 01:50 | URL | ちゃーこ #-[ 内容変更]
こんばんは、ミントです。
自分の作品は恥ずかしくて、お見せできないかもしれません(笑)。
ただ、余計なお世話かもしれませんが、ちょっと心配しているのです。
ちゃーこさんの作品が、誰かにパクられることもあるのではないかと。
私としてはすごく勉強になるのですが、どこで、どんな人が見ているか分かりませんからね。
ああ、でも反対に、お仕事の依頼があるかもしれませんね。
2007-03-23 Fri 20:01 | URL | ミント #-[ 内容変更]
ミントさん

お返事、どうもです。
ふむふむ。
お互いがんばりましょう!

C-1グランプリ、
締め切りあしただったんですね!!
金曜くらいかと油断してました…。
間に合うかな。
夜な夜な考えてみます。

またC-1についてもブログで書いていきたいと思うので、
よかったらミントさんが投稿した作品などもコメントで教えてくださいね!
2007-03-21 Wed 22:11 | URL | ちゃーこ #-[ 内容変更]
ご返信ありがとうございます。
コピーライターといっても、まだ駆け出しなんですが。(笑)
私もC-1グランプリには投稿しています。
今回の課題は「不二家再建のためのキャッチフレーズ」で、明日が締め切りですね。
お互い頑張りましょう!
2007-03-21 Wed 10:31 | URL | ミント #-[ 内容変更]
ミントさん

コメント有難うございますっ!

コピーライターの方にそういっていただけると、
自分のがむしゃらに走ってきた道を、
にっこりと笑顔で振り返れそうな気持ちになります。

これからも、
読んでくださった人に何かを感じていただけるブログを目指して、楽しみながら書いていきます♪
2007-03-21 Wed 00:25 | URL | ちゃーこ #-[ 内容変更]
はじめまして。
駆け出しのコピーライターとして、ちゃーこさんのブログはとても参考になります。
2007-03-20 Tue 20:54 | URL | ミント #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| さんま丁目クリエイティブ研究所 |