KY戦略
2009-06-06 Sat 00:54
KY


西友の再建は成功するのか。

スーパーで服なんて
買うわけないというあなたに。



KY(価格安く)


につづくコピー。


今度は、

KY(カッコよく安く)

だそう。


「KY」っていうコピーは、

ちょっと時代を狙いすぎな感じだから

個人的には好きってほどではないけど、

覚えてる時点で優れたキャンペーンなのかもな。

若いコピーライターが書いたコピーなのかな、って勝手に思ってる。

もしかしたら好きじゃないの半分くらいは

ヒガミなのかも。


キャンペーンとしてだけでなく、

経営方針そのものを「KY」という一つの言葉でくくっているのは

秀逸なところだと思う。


消費者だけでなく、インナーにも向けたコトバ。

両方をひとつの言葉で束ねるから、

再建に向けた力強さが消費者にも伝わるのだと思う。


今後の動きに期待してます。

スポンサーサイト
別窓 | 気になった広告 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<「機能すること」と「美しいこと」 | さんま丁目クリエイティブ研究所 | 事実は強い>>
この記事のコメント
スーパーSEIYU
SEIYUはスーパーをぶっちぎりますよ。

まさに広告戦略が成功した例ですね。

マスコミを巻き込むのがうまいです。

というより、PR会社に力があるんでしょうけど。
2009-09-25 Fri 21:09 | URL | RYO #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| さんま丁目クリエイティブ研究所 |