「ブリッジ」と「コピー」の実際
2007-07-01 Sun 16:13
ブリッジのあるコピーについて書きました。

いいブリッジ、いいコピーってどんなのだろう。
「製品とブリッジ」、「ブリッジとコピー」、
ちょうどいい距離感ってどのくらいなのだろう。

そんなことを考えていたら、
この広告を見つけました。(広告批評7月号より)

bridge



コピー、
うまいなぁと思いました。

ブリッジから飛躍しているし、
きちんとブリッジに落ちている。


ブリッジとコピーの距離感としては理想的なのかな。


ただ
「好き嫌いが激しく分かれる味」というブリッジは、
コピーとしてよいのかわからない。



コンセプトをしっかり固めている点は良いのだと思う。

だが、好き嫌いが激しく分かれる味、と言われて、
鮒寿司を食べたくなるのか、というところが気になった。

「コピーは人を動かす言葉」という考え方からいくと、
この「訴求点」と、「言い方」で人が動くのか、ということ。


「訴求点」について。
「好き嫌いが激しく分かれる味」と聞いて、
「じゃあ試してみようかな」と思って食べる人はいても、
「『鮒伊』の鮒寿司は美味しい」という広告にはなっていないと思う。

「鮒寿司」について調べてみたら
実際、鮒寿司はかなり特徴的な食べ物で
好き嫌いが分かれる、ということ自体が特徴として書かれていた。

むしろ、
この特徴を肯定してしまって、
広告としてのオモシロさや、挑戦的な印象を出してみたい、ということなのか。

友達に意見を聞いてみたら
青汁の『マズイ。もう一杯』っていう広告
同じようなもんじゃない」
と言われました。

アクの強すぎる商品については
こういう手法もあるのだな、と学んだ。



「言い方」については
今でも少し引っかかります。

「コピーは人を動かす言葉」という考え方に戻ると、
「好き嫌いが激しく分かれる味」というのは
コンセプトとしては面白いのだけれど、
「特徴をそのまま書いただけ」であって「矢印」としては弱いように感じる。

ブリッジは、
近いコンセプトでも、
「一度は試してみたい味」
などとした方が、コピーらしくはなるのだと思う。

ただ、その場合、
ブリッジが変わるので上に乗る「コピー」も変わってしまい、
今の面白いコピーは成立しなくなる。
別のコピーが必要になる。

その時に、いまより面白いコピーが書けるのか、というとわからない。
いかがでしょうか?

最近の悩んでいるところを考えさせてくれる、
よいきっかけになった広告なので紹介しました。


思ったことを正直に書いてしまったので、
ご意見などあれば、いただけるとうれしいです。


スポンサーサイト
別窓 | 気になった広告 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<「そー、そー、そうだよね」系共感性コピー | さんま丁目クリエイティブ研究所 | コンセプトとコピーライター>>
この記事のコメント
onodyさん

こんにちは。
コメントうれしく拝見させていただきました。

さいきん読んだ資料にこんなことが書いてありました。

広告は「自画自賛」という常識の上に成り立っている。

広告過多の時代、
独りよがりな自画自賛に引っかかるほど
消費者は単純ではないのかもしれません。

ひさしぶりにこの記事を読んで、
この鮒寿司の広告もこの常識に屈しない表現だなぁ、
と感じました。


「食品は直感で選ぶもの」
っていうonodyさんのご意見、そのとおりですね!

勉強になります。

2008-08-16 Sat 22:38 | URL | ちゃーこ #-[ 内容変更]
はじめまして。
最近このブログを見つけた者ですが、いろいろと思い悩みつつ、ふらふらと?一直線に広告に取り組む姿に感銘を受けています。元気もらいました。私も広告作りに携わっています。

さてさて、もう一年も前のエントリーにコメントするなど、もしかしたら不躾なのかもしれませんが、お礼がてらに自分の思ったことを残していこうと思います。


「好き嫌いが激しく分かれる味」といわれて、人は鮒寿司を食べたくなるのか、というあたりですが、きっと試してみたくなる人は、少なくないのではと思います。

「自分にとってはどうだろう??」
「おみやげで買っていったら、あの人はどういう反応かな? 渡すときの話のネタにもなりそうだ」
と、瞬発的に興味がわきます。

特に「食品」は多くの人は直感的に選ぶもの。
「こういう訴求点なら人はこう考えて・・・」
という消費者心理は、あまり期待できない気もします。

また、好き嫌いがわかれる味というのは、
あまりそのままでは売りにはならないけれど、動かしがたい事実。なんにせよこの点は前もって伝えるべきことではあるのではないでしょうか。
「うまいときいて買ったのに、上司が気に入ってくれなかった」なんてことになったら、クレームにならないまでも、評判は確実に落ちちゃいます。

そういう意味で僕は、同じ制作者のはしくれとして、この広告に“いいかぜ”を感じます。
どうせ言わねばならぬなら、、、と苦渋の決断をしたうえでのアイデアがあるし、クライアントも偉いな、なんて思えてきます。
2008-08-15 Fri 23:05 | URL | onody #EhpV5gos[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| さんま丁目クリエイティブ研究所 |