スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
温暖化防止キャンペーン「日本の冬をなくすな」のキャッチフレーズ
2007-05-01 Tue 00:04
近頃は、更新が手薄でスミマセンでした。
きょうからまた時間できてきたので、
更新回数増やしていきたいと思います☆

どうぞよろしくです。

さて、
ブレーン5月号のC-1グランプリ
温暖化防止キャンペーン
「日本の冬をなくすな」のキャッチフレーズ

に応募したので、紹介します。

ミントさん、
少しでもご参考になりましたら、幸いです。

まず、岩崎俊一さん、岡本欣也さんのオリエンはこんな感じです。

地球温暖化を食い止めない限り、愛すべき日本の冬が消えてしまう。
雪景色も、ウィンタースポーツも、こたつを囲むだんらんも、鍋も、雪合戦も。
温暖化防止キャンペーンの一環として、
「日本の冬のすばらしさや大切さを訴えるキャッチフレーズ」を、
さまざまな角度から作ってくださ文字色い。


応募したのは、以下3つです。

1時間ちょいで考えたコピーで反省点ありありなので、
反省点と一緒にまとめたいと思います。



■ 寒い、というキミのとなりは、暖かい。

キレイにまとまりすぎているかも。
「日本の冬」というのが分からない…。

■ 春は好きじゃない。
  冬のあとの春、が好きなんだ。


逆説のレトリックを使ってみた。
視点がありがち…。
あえて「冬」ではなく「春」の話から入る、という点を工夫してみた。

■ 寒ければ、もっと燃え上がる恋なのに。
共感は得てもられるでは、と思う。
「日本の冬」とは分かりにくいな。


以上、3作品です。
オリエンに「様々な視点で」とあったけど、
視点の幅が乏しいなぁ、という反省もありつつ。

グランプリ等には、
もっと「独特の部分に焦点を絞ったコピー」が選ばれるのでは、と感じています。

グランプリ他が発表になったら、
自分のコピーと比較してみたいと思ってます。

スポンサーサイト
別窓 | C-1グランプリ応募作品 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<暴走してる広告 | さんま丁目クリエイティブ研究所 | コピー裁判所「選挙に行きたくなるコピー」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| さんま丁目クリエイティブ研究所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。