スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
「機能すること」と「美しいこと」
2009-06-21 Sun 23:38
20090616004604.jpg


こんな時代だから広告のコピーも
売りに直結する言葉が求められる

得意先が即「売り」につながる泥臭いコミュニケーションを
求めるのは最もだけど、
クリエイターとしては悔しい選択。

わがままかもしれないけど、
少しでもすてきなコピーとデザインで勝負したい。

そんななか、しっかり商品特長を伝えながらも、クリエイティブの面でも優れた表現だけが
得意先のOKを勝ち取って世の中にでていける。


この新発売のジャスミンティーの広告。


キャッチコピーは

あ、その香りは
ジャスミンさん



香りのいいジャスミン茶であることをしっかり伝えながらも
絵とマッチして、
他の商品にはない世界観を作り上げている。


美しいのに、ちゃんと機能している。


すごく奇抜な言葉選びというわけではないけど、

得意先からの向かい風に負けずにがんばっている広告だなぁ


と尊敬した。


こういうコピー、一見サラッと書けそうで、なかなか書けないんだよなぁー。


ウェブページのコピーもすてき。

ピクチャ 1


ブランディングうまいなー。

スポンサーサイト
別窓 | 気になった広告 | コメント:0 | トラックバック:0 |
KY戦略
2009-06-06 Sat 00:54
KY


西友の再建は成功するのか。

スーパーで服なんて
買うわけないというあなたに。



KY(価格安く)


につづくコピー。


今度は、

KY(カッコよく安く)

だそう。


「KY」っていうコピーは、

ちょっと時代を狙いすぎな感じだから

個人的には好きってほどではないけど、

覚えてる時点で優れたキャンペーンなのかもな。

若いコピーライターが書いたコピーなのかな、って勝手に思ってる。

もしかしたら好きじゃないの半分くらいは

ヒガミなのかも。


キャンペーンとしてだけでなく、

経営方針そのものを「KY」という一つの言葉でくくっているのは

秀逸なところだと思う。


消費者だけでなく、インナーにも向けたコトバ。

両方をひとつの言葉で束ねるから、

再建に向けた力強さが消費者にも伝わるのだと思う。


今後の動きに期待してます。

別窓 | 気になった広告 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| さんま丁目クリエイティブ研究所 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。